読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「勝者の習慣 (R)」見つける感じる使えるの  3ステップ

勝つために あなたは・・・ どんなトレーニングをしていますか? 練習の中で見つけた技術、わかった技術が理解へ カラダにしみこんで使える技術へ

勝者の習慣

「適正打点」という考え方

ワークショップ(練習会)でいつも伝えていること

 「適正打点」

フォアストローク、バックハンド、フォアボレー、バックボレー、サーブ、スマッシュ、どのショットにも それぞれ存在すると思います。 その打点は、プレイヤーごとにあって、だいたいこの辺りと認識しているボンヤリしたものでしょう。 こちらから「ここですね」と伝えられるものではないのです。

そこで打つと 力が要らずに球が抜けるように飛んで行って、不思議にどこにでもコントロールできそうな感覚。打球したにもかかわらず、手のひらに衝撃がこない。

たくさんのラリー中に これまで何度も経験してるはずです。

 

 クリーンヒットは衝撃がないこと・・・ご存知ですか?

 

さて、その感覚と距離感を体得しましょう。 ここだ!という点を空中に設定できればしめたもの。 自分の適正打点が 空中に浮いている感覚。

右へ動けば同時に右へ ネットへ近づけば同様に平行移動。「点」で設定すると空間認識が難しくなるので、メロンか小さめのスイカ程度の体積をイメージしましょう。 自分の軸とともに 空中にあるメロンが移動するのを感じることができれば、飛んでくる球をそのメロン(スイカ)のところに合わせます。

合った瞬間にヒットするよう 足を運ぶ(フットワーク)。

足の運び方は、フットワーク塾でも解説しています。

 

すべての球を「適正打点」で打てれば、敵なしですが、そうもいきません。

テニスという競技は 打たせないように人のいないところへ打つ競技です。

「適正打点」打てない球は、しのぐ、時間を稼ぐ、立て直す、ことのできるボールを返しましょう。 いつか打てる球が来た時のために、距離感覚を常に磨いてラリーをしてみてください。 練習法などの詳細は コートで!