読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「勝者の習慣 (R)」見つける感じる使えるの  3ステップ

勝つために あなたは・・・ どんなトレーニングをしていますか? 練習の中で見つけた技術、わかった技術が理解へ カラダにしみこんで使える技術へ

勝者の習慣

スライス回転の与え方

フォアボレー、バックボレー双方に共通する回転 =「スライス」「アンダースピン」

この回転をボールに与えるには 打球の瞬間にラケットが下方向に動いている必要があります。 

 

多くの方は「スライス」→「削ぐ、切る」、「アンダースピン」→「下の回転」という言葉のイメージから、ボールの下部分をにコンタクトしてしまい、打球後に打球面が上を向いています。 この場合、ボールの推進力は小さく 回転はたくさんかかっていても浮いた球になりやすいです。この技術(打ち方)はオプションとしてはありだと思いますが、「攻め」の推進力の大きい、バウンド後にすべるスライスはこの打ち方では実現しません。 ならば、どうするのか・・・。

 

私のワークショップで一番「効く」処方をお伝えします。 

打球意識はフラット、キーワードは、「つかもうとして、面」「手のふりして、面」

相手のボールの高さ(打点)にラケットを持っているグリップ部を合わせます。(決してラケット面でなく!) 出来るだけひきつけて(手に当てるふりをして)直前まで我慢して 実はラケット面で打球してみる。 回転をかける意識は特に持たず、打球後にラケットの面は立ち、ラケットの先が飛んでいった方向を向いているように。

 

フォアの場合は手のひらをボールに近づける、バックの場合は手の甲です。

 

まずは体験、そして経験 きっと習慣に!