読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「勝者の習慣 (R)」見つける感じる使えるの  3ステップ

勝つために あなたは・・・ どんなトレーニングをしていますか? 練習の中で見つけた技術、わかった技術が理解へ カラダにしみこんで使える技術へ

勝者の習慣

スプリットステップって いつ?

足を動かせと言われる。 

止まって打ってないと言われる。

バタバタしていると感じる。

嗚呼 どうしていいか わからない。

 

フットワークの重要性は、ラリーの相手が自分のところに打ってくれないときに痛感します。どんな風に動かすの? いつ止まるの? 何歩でいくの? どうやって戻るの?

 

勝者の習慣(R)では 具体的なわかりやすい説明をしています。 

 

今回はスプリットステップ。(判断のステップ) 

どんな風にしますか? いつしますか?

自分のやってる方法とタイミングを 誰かに伝えられますか?

 

ワークショップ参加者に訊ねると 

「ポンって感じ」「相手が構えたときに・・・」

「飛びます!」「踏みます」「打球の直前に」「グッと」

「ふわっと」「じわりと」「(実演して)こんな感じ」

・・・いろいろ あります・・・・・ざんねんながら 曖昧です。

 

待ちのステップ【動】から 判断のステップ【静】へ 

そして打球へ追いつくためのスタート【動】へ。 とても重要なステップなのに。

 

止まったときに地に足が着き、自分の体重がしっかり 丹田におちているか。

全方向にスタートの切れる姿勢になっているか

これが 「どんな風に」の部分です。(最適な姿勢のためのドリルはコートで!)

 

次に、「いつ」の部分です。

相手の打球音に耳を傾けてください。

(厳密には音のスピードと見えているもの(光)のスピードは異なるのですが。)

その音に合わせて「パン!」と言いましょう。ラリーをしながら相手の打球音を口に出すのです。 そして自分の声に合わせて 両足が地面に着くようにタイミング練習をしましょう。 誰かの試合を見ながらでもこのタイミング練習は出来ます。次の一歩が確実に変わってくる効果的な練習方法です。 

 

まずは体験 そして経験 きっと習慣に