読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「勝者の習慣 (R)」見つける感じる使えるの  3ステップ

勝つために あなたは・・・ どんなトレーニングをしていますか? 練習の中で見つけた技術、わかった技術が理解へ カラダにしみこんで使える技術へ

勝者の習慣

何を支配するか

「テニス」という競技の技術は多岐にわたり

その習熟度に応じて様々なレベルでの参加が可能です。

ラリーが続くレベル、仲間内で試合をするレベル、

市や県の大会で勝ち進むレベル、全国、実業団、プロ、

世界で転戦するレベルと様々あります。 

実は、どのレベルでも決められたコートの広さ ネットの高さ ボール ラケットという

まったく同じハード(設備、用具)を使っています。

ソフトテニス、ジュニア用ラケット、導入用スポンジボールなどは除く)

 

ゲームの始まりの一本目は、所定の位置から

ネットの向こうのサービスエリアにワンバウンドさせることがルールですが、

その後はツーバウンドするまでにラケットで打球して、相手コートの中に入ればよく、

それがうまくできなければ(ネット、アウトすれば)相手にポイントが入る球技です。

カウント方法は少々複雑で 153040→ゲーム獲得となります。

(この数え方がテニス浸透の支障になっているかもしれません)

 

勝つためには相手の予測をはずして、

どんな速さで(時間)どこへ打つか(空間)が肝要で、

打球を受ける側も、相手の体勢やどこから打っているかを見て次のボールを予測し

その次に相手が届かないところへ返球できるよう、準備を十分にするのです。

つまり、時間(スピード)と空間(エリア)を支配する選手が勝者になるのです。

 

今回は 時間を支配する技術です

ラリー中には2種類の時間があります。

 

 ①自分が打ってから相手が打つまでの時間

 ②相手が打ってから自分が打つまでの時間

 

この時間をどのように捉えて支配するかが 

ポイントの分かれ目になります。