読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「勝者の習慣 (R)」見つける感じる使えるの  3ステップ

勝つために あなたは・・・ どんなトレーニングをしていますか? 練習の中で見つけた技術、わかった技術が理解へ カラダにしみこんで使える技術へ

勝者の習慣

10月・・・醸成月

10月のスタートです。

 

昔、学校で習ったのは「神無月」。

語源は諸説あるよう(神様が出雲大社に集まるとか)ですが、

「醸成月」:醸し成す(かもな)月と現す説もあるようで、新米で新酒を仕込み始める月だそうです。

 

ワークショップでよく使う言葉の一つが

偶然にも私の産まれ月の別称になってることを知って感激です。

 

勝者の習慣(R)は、体験→経験→習慣 というプロセスで、庭球技術の習得をお伝えしています。

コートでお伝えする気付きは目新しいものでなく、数々の勝者が練習や試合で培ったものを

なるべくわかりやすい言葉で、感覚にまで落としこめるようにしたものです。

 

 一度「できた」ことは、「できる」ことではなく、「できる」と思っていることの中にも

 「いつも」「安定して」「できる」ことばかりではありません。

 

気付いた技術、つかんだ感覚を「いつも」「安定して」実践できるよう

「醸成(時間をかけて自分のものにする)」というプロセスが必要です。 

人は「忘れる動物」なので、球数で感覚をすり込めば、体験が習慣へとなっていきます。

 

 近道があるようで 実は・・・ないと思います。 

 でも近道への扉は、ワークショップにあります。

 

テニスコートで お待ちしています。